カードローン利便性と注意点

消費者金融の規制緩和が話題になっています。
規制緩和というキーワードにマッチしますから、政権側としても都合がいいのでしょう。
しか、本末転倒はなはだしいお話です。
カードローンに代表される無担保融資は、金融機関にとって一番危険性の高いローンであると同時に、契約者にとっても一番危険性が高いローンなのです。
自動車ローンのように担保があれば、借りる目的が明確であり、借主も貸主ともに安心して契約を結ぶことができます。
しかし、使途不特定の無担保ローンは、往々にして借金地獄を引き起こします。
カードローンの多くは、現在コンビニのATMで利用可能です。
利便性がいい代わりに自分のお金と借りたお金の区別がつかなくなります。
このようなローンを規制緩和してはいけないのです。
カードローン年金受給者審査